VIVANTスマホ画面が怪しい?スマホ細工のシーンも解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

堺雅人さん主演の「VIVANT」が1話から盛り上がっていますね!

多額の誤送金が発端となりテロ組織とのトラブルに巻き込まれるという壮大なストーリー。

誤送金の犯人は誰なのか、VIVANT(ヴィヴァン)とは一体何なのかが物語の鍵を握っています。

1話の視聴者からは「乃木(堺雅人)が怪しい」と多数感想が寄せられていますね。

特殊能力があったり多言語が話せたりと得体のしれない乃木ですが、特に怪しい素振りを見せたシーンがありました。

乃木とアリの面談の場面で乃木がスマホに小細工を仕掛けたという見方があるんです。

乃木のスマホにもVIVANの文字があった…?

ちらっと映った乃木のスマホに「VIVAN」のフォルダがあったことに気付いた方もいます。

VIVANTドラマ1話でのスマホ細工シーンや乃木のスマホ画面VIVANについて解説します。

この記事で分かること
  • VIVANT乃木のスマホ画面が怪しい?
  • VIVANT乃木がスマホ細工をした?
目次

VIVANT乃木のスマホ画面

VIVANT1話で乃木のスマホ画面がチラッと映ったシーンがありました。

その画面には「VIVAN」とまとめられたフォルダが。

「VIVANT」のTが抜けた形にはなりますが、あまりにも似ていて怪しいですよね。

フォルダの中の8つのアイコンも気になります。

1話の考察班は、乃木が何らかの組織に所属しているとの見方が強いようです。

考察:乃木はテロ組織が恐れるヴィヴァンに関わる組織の一員で、8つのアイコンはメンバー(もしくは人格)を意味する…?

今後の話の中でこのフォルダについて触れられるのか気になりますね。

何らかの関係はあると期待して伏線回収を楽しみにしておきたいです。

追記

第4話放送後、やはりVIVAN(別班)のメンバーは8人あるという可能性が高いと見られています

会社では昇進レースに後れを取っている乃木ですが、多才な能力を持っていてただものではなさそうですよね。

続いて乃木がアリのスマホに小細工を仕掛けたとされるシーンを解説します。

VIVANT乃木がスマホ細工した?

VIVANT1話で乃木が誤送金を取り返すべくアリに会いに行くシーンがありましたね。

そこで乃木がアリのスマホに細工をしたのではないかと言われています。

乃木がアリのスマホのデータを抜き去ったと予想

乃木がアリと話しているときに書類を落として机の下に潜り込みますよね。

ガタガタとせわしなく動く様子は乃木らしい印象で自然な流れでしたが、ここで乃木がアリの充電中のスマホのコードを差し替えたのではないか?と考察してます。

充電がきれて苛立ったアリがスマホを置きなおしていました。

意味がなければこんな細やかな演出はする必要がありません。

さらに、そのあと外出してアリが銀行に行っている間にアリのスマホにコードを繋げ、バックアップするような素振りがあります。

アリが帰ってくると焦ってしまいこんでいたので、怪しさ満点ですね。

その後アリの手を強く引いてスマホを落ち、乃木が拾って返すのですが、細工をして返した可能性もありますよね。

ドラムが乃木の鞄に盗聴器を仕掛けていたように、乃木もスマホに細工を仕掛けて返したのかもしれません。

いつ伏線が回収されるのか、ドラマの続きが気になります^^

VIVANTはU-NEXTで配信中です!

U-NEXTは1ヶ月の無料トライアルを実施しています。

無料で視聴できるのでお試しにいかがでしょうか?

\\無料トライアル実施中!//

U-NEXTの作品をチェックする

トライアル中の解約で月額0円でお試し!お得に映画やドラマをお楽しみいただけます♪

まとめ

ドラマVIVANT1話のスマホ細工のシーン、乃木のスマホ画面について解説しました。

乃木のスマホ画面のVIVANフォルダや、アリのスマホの小細工など、不可解な謎がたくさんありますね。

乃木がただの会社員でないことは明らかです。

今後のドラマの展開が楽しみですね^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次