rofu(ロフ)のすごさはどのくらい?戦績や成績など実力を調査!

ヒューマンビートボックスの人気ユニット、Rofu(ロフ)

マツコ会議への出演でさらに話題を集めていますね!

世界大会3位という実力はもちろんですが、キャラクターも彼らの魅力の一つ。

おっとり可愛らしい印象のHIROと、明るくて面白いイメージのFugaのコンビは、ヒューマンボックス以外でも惹かれるものがあります。

ヒューマンボックスの世界大会(GBB)で3位を獲得したという功績を持っていますが、ヒューマンボックスに詳しくなければ、どれくらいすごいことなのか分かりませんよね。

GBB世界大会3位がどれほど難しいのか、世界大会以外での成績などを含めて、Rofuのすごさをまとめてみました。

目次

Rofu(ロフ)はどれくらいすごい?

ヒューマンボックスの世界大会『Grand Beatbox Battle 2021』(通称GBB)のタッグ部門世界3位を獲得したRofu。

一体どれくらいすごいの?

この大会で入賞することがどれくらいすごいことなのか解説していきます。


まず、GBBはビートボックスの国際大会としては世界最大の規模を誇ります。

GBBとは?

2009年から続く、ビートボックス界では世界最大規模の大会。主催はSwissbeatbox。各国の予選を勝ち抜いたメンバーが世界大会に進出でき、世界大会の様子はネット中継され全世界で配信される

世界最大の大会ということで、このGBBで成績を残すことはヒューマンビートボクサーとして名高い功績となります。

世界大会へ進出するには、日本での予選を勝ち抜く必要があります。

GBBへ出場するには2通りの方法があり

  • 他の大会で好成績を残して出場権を得る方法
  • ワイルドカードで出場権を得る方法

いずれかの手段で出場権を得なければいけません。

ワイルドカードとは、YouTubeへ投稿した動画を審査してもらう方法。審査員による評価のほか、動画の再生回数や高評価数も審査の対象となる

Rofuはワイルドカードで出場をしています。

つまり、審査員だけでなく、一般的にも高評価と認められていたということですね。

その厳しい予選を通過したら、世界大会に進出できるのですが、そこでも予選を勝ち抜かなければいけません。

Rofuは予選を3位通過し、見事決勝トーナメントに進んでいます。

GBBを審査するのは、ヒューマンビートボックスで過去に世界トップの成績を残してきた一流のレジェンドばかり!

GBB審査員は、世界チャンピオンやビートボックス界の古参など、ヒューマンビートボックスでは有名なベテラン揃い

ヒューマンビートボクサーとしては、このような審査員の前で披露するだけで輝かしい成績とも言えるほど。

このGBB大会でそんな実力者揃いの審査員に認められるというのは、ヒューマンビートボックス界で実力を世界的に評価されたという証です。

さらに、Rofuは2017年にタッグ活動をはじめ、2021年にGBBで世界3位を獲っています。

その間に、2018年のAsia Beatbox Championshipでアジアチャンピオンにも輝いているんです。

タッグを組んでわずか4年で、アジアチャンピオンと世界3位を獲得するという快挙!

ヒューマンビートボックスのユニットは相互のバランスがとても重要になりますよね。

たった4年で世界トップレベルまで上り詰めたのには、彼らそれぞれの実力はもちろん、2人のピッタリ息のあった相性の良さが成した技としか言えません。

Rofuの気になる成績について調査してみました。

Rofuの戦績や成績

Rofuはアジアチャンピオン、世界3位の成績を誇っていますが、他の大会での成績はどれほどなのでしょうか。

Rofuのタッグとしての成績と、HIROとFugaそれぞれの戦績について調べてみました。

Rofuの成績

Rofuは2017年からタッグ活動を始めています。

大会成績は以下の通り。

  • Japan Beatbox Championshiop(2017) 4位
  • Asia Beatbox Championship(2017) Best8
  • Asia Beatbox Championship Tag部門(2018) 優勝
  • Asia Beatbox Championship Tag部門(2019) 4位
  • Grand Beatbox Battle Tag部門(2021) 3位

コロナ禍で世界大会が一時的に開催されないことがありました。

世界大会が開催されなかった期間以外では、全て好成績を残しています。

Hiroの成績

RofuのHiroは中学生の時からヒューマンビートボックスの練習を始めたといいます。

Hiroの成績について調べてみました。

  • Japan Beatbox Championship ソロ部門(2017) ベスト8
  • Boost札幌大会(2017)
  • Grand Boost Championship vol.2(2018) 優勝

Hiroの大会成績は、今のところ目立った戦績はありませんでした。

ソロ活動として成績を残していくのはこれからといったところでしょうか。

しかし世界大会で3位を獲った時にもHiroのパートが大部分を占めていましたし、実力が世界レベルなのは間違いありません。

今後のHiroのソロ活動にも注目していきたいですね^^

Fugaの成績

サングラスと黒のタンクトップ姿が印象的なRofuのFugaさん。

面白くコミカルなキャラクターで世界中から人気を集めていますね!

Fugaさんの戦績をまとめました。

  • Boost旭川(2016) 優勝
  • 札幌Beatbox Battle(2017) 優勝
  • 沖縄Beatbox Battle(2018) 優勝
  • 札幌Beatbox Battle(2018) 優勝
  • Hokkaido Beatbox Battle(2019) 優勝

Fugaさんは国内大会で数々の成績を残していることが分かりました。

大会でも小ネタを挟むなどの余裕を見せつつ、この実力を持っているのはカッコいいですよね!

まとめ

この記事ではRofuの大会成績を紹介しました。

アジアチャンピオンであり、世界3位の実力を持つRofu、ソロでも好成績を残していることが分かりました。

これからもタッグ活動、ソロ活動ともにどんなパフォーマンスを披露してくれるのか注目していきたいですね^^

ここまでご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次