加賀楓ムーラン・ルージュオーディション合格の理由!卒業背景も調査

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

世界で大人気のダンスミュージカル『ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge)

日本に初上陸すると発表され、誰がキャスト登用されるのか話題になっていましたが

先日ようやく全キャストが発表されましたね!

驚いたことに、有名なミュージカル俳優が名を連ねるなか、2022年12月にモーニング娘。を引退した

加賀楓さんがキャストに抜擢されていました。

なぜアイドルだった加賀楓さんがミュージカルの大舞台でデビューすることになったか気になりますよね。

彼女が厳しいオーディションをくぐり抜けて合格を掴んだ理由と、アイドル卒業の背景について調査しました。

この記事で分かること
  • 加賀楓さんがムーラン・ルージュのオーディションに合格した理由
  • アイドル卒業と舞台デビューの関係
目次

加賀楓プロフィール

加賀楓さんは2016年にモーニング娘。に加入し、6年間トップアイドルとして活動されていました。

研修生期間を含めるとアイドル活動期間は10年にも及びます。

  • 生年月日 1999年11月30日
  • 出身   東京都
  • 身長   162cm
  • 愛称   かえでぃー
  • 特技   剣道、トランペット
  • 趣味   ハロプロの曲を聞くこと、アニメ鑑賞

加賀さんは長い手足をもつスタイルの良さで、ダンスにもキレがあると好評なので

グループのコンサートでもダンスのソロパートを務めることもありました。

ダンスが得意な子ばかりが集まるハロプロですが、その中でも彼女のダンスは高く評価され

ダンスが得意なメンバーが加入できるチームでも活動していたほど。

彼女自身もダンスに研究熱心な様子で、ミュージシャンやダンサーの動画をみて振り付けの勉強をして

オリジナルのダンスを数々SNSにアップしていたのも話題になっていましたね。

今回、舞台ムーラン・ルージュで加賀さんが配役されたニニという役は、美しい脚を持つダンサーだそうです。

長い手足を存分に活かしたダンスが得意だった加賀さんですから、このニニ役はまさにピッタリですよね。

卒業はムーラン・ルージュオーディションが影響か

ムーラン・ルージュでのキャスト発表と同時に加賀楓さん公式ツイッターが公開されましたね。

2022年12月に惜しまれながらアイドルを卒業した加賀さんですが、慌ただしく卒業したとの噂がありました。

ムーラン・ルージュでの配役が発表されてから、この舞台に出るために卒業したのでは?という憶測も飛び交っています。

ムーラン・ルージュのオーディションと合格がアイドル卒業に影響したのでしょうか。

ムーラン・ルージュのオーディション期間

ムーラン・ルージュは約2年間のオーディション期間を経て、キャストが決定されました。

キャストが発表されたのが2023年1月ですので、2021年春頃〜2022年の間にオーディションが行われていたことが分かります。

この期間を照らし合わせると、加賀楓さんがモーニング娘。として多忙なアイドル活動をこなしながら

オーディションも並行で応募して、ミュージカルデビューも目指していたということになりますね。

オーディション合格が卒業に影響?

卒業前から水面化でミュージカルのオーディションを受けていたとなると、合格したことにより

アイドル活動を卒業したのではないか、と勘繰ってしまいますよね。

しかし、加賀さんの卒業はムーラン・ルージュのキャスト合格前から決定していた可能性があります。

ミュージカルデビュー決定とは関係なく、卒業の予定は元からあったのかもしれません。

卒業はかなり前から申し出ていたようなので、今回のオーディション合格前から彼女の心中では卒業を決めていたと考えられます。

ダンスに集中して取り組みたいという思いもあったようなので、卒業後すぐに仕事に取り掛かれるよう

アイドルと同時にミュージカルオーディションへも取り組んでいた、ということになりそうです。

ムーラン・ルージュニニ役合格の理由

ムーラン・ルージュのニニ役は、ナイトクラブのダンサーという実在した人物を表現した役なのですが

舞台中にラテンダンスを披露したりと、ダンスの実力がニニ役の見せ場となるようです。

卒業後はダンスの道に進みたい、と公言していた加賀さんが、ダンサーの名役を射止めたのは

とても素晴らしい快挙ですよね!

調べたところ、オーディションの案内をもらっての応募だったそうです。

どのような経緯で案内をもらったのか分かりませんが、少なからずダンスと歌の評判が立っていたのでしょうね。

いずれにしても、厳しいレッスンと多忙なスケジュールをこなす彼女はとても努力家だと言えます。

さらに、ニニ役のオーディションではダンスの腕前が厳しく審査されたのではと推測しています。

ニニ役のダブルキャストを務める藤森蓮華さんは、バレエダンサーとして国内外のコンクールに入賞している実力者で、

ミュージカルでも活躍されている俳優さんなんですよね。

加賀さんは、ミュージカル初舞台でありながら、このような実力俳優とともに肩を並べるわけですから

オーディションでもダンスの実力を高く評価されての合格であったことは間違いありません。

アイドルとしてではない、新しい加賀楓さんのパフォーマンスが楽しみですね!

まとめ

この記事では、加賀楓さんがムーラン・ルージュに合格した理由と、アイドル卒業とオーディションの関係について紹介しました。

アイドルからミュージカル女優として新たなステージへと進む加賀さんの活躍が今後も楽しみですね!

ムーラン・ルージュの舞台チケットは争奪戦となること間違いなしです。

これから女優「加賀楓」として活動する姿を応援しましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次